具体的に!なんでパチスロを辞めることができたか?がハッキリわかった出来事 Vol.1

2016年6月9日

スポンサードリンク

スポンサードリンク

Pocket
LINEで送る

これまで私を苦しめてきた、ギャンブル依存症!性格にはパチスロ依存症

2016年の2月4日からパチスロを辞めると決めてから約4ヶ月が経ちました。

今までも、何度もチャレンジしてきた禁パチは何度も何度も失敗してきました。

4ヶ月も続いたことはありませんでした。

パチスロ辞めて133日目 約4ヶ月経過

 

今日、ある人の講演を聞いて、言葉にしてハッキリとわかったことがありました。

なぜ、パチスロを辞め続けることができているのかを、、、

 

 

なんでパチスロを辞め続けることができたかの?イマイチぼんやりしていた。

・パチスロなんて、時間もお金も失うようなことは人生の無駄だ!とか

・家族に嘘をついてまでホールに向かってる自分が情けない!だとか

・借金してまで、なぜ自分自身を苦しめる?だとか

・パチンコ屋の餌食になってたまるか!とか

・金銭感覚が麻痺してしまう!とか

 

こういうことなどを理由にパチスロを辞めることができたのだろうなと

自分では思ってました。

 

■否!?でもそれって、今までも同じように思ってたし、理性ではわかってたよな?!

 

パチスロをやってはいっけない理由は誰でも共通しているだろうし

理性ではわかっていると思うんです。

 

でも、辞められないのは、、、

・ギャンブル依存症だという思い込み?

・病気だと諦めてる?

・楽しいからしょうがない?

・暇だから、どうしようもない?

 

こんな理由が多いでしょうか。自分もそうだったと思います。

今も昔も、パチスロをやめる理由は理性では理解していました。

今、パチスロを辞め続けているのは、その理性への理解が深まったからなのかな?と

勘違いしていました。

いままでとたいして変わらないけど、、、

 

 

■本当にわかった自分自身のパチスロ辞めなきゃ”死ぬ”って思った瞬間を言葉(文字)で理解した。

最初にも書いたけど、今日私は知人の紹介である人の講演会を2,000円払って

聞きに行きました。

そのある人とは、具体的には ”上甲 晃”さんという方です。

多分、僕と同じ位の年齢で知らない人はいないと思うんですけど

”松下幸之助”氏が85歳で作った”松下村塾”というのがあるんですが

その塾の運営に尽力された方です。

 

まー、流石に人生経験豊富な方だし、松下幸之助さんのお弟子さんだから

心に刺さる話はバンバン出てきました。

その話の中で、私の心の奥のほうに引っかかるキーワードがでてきました。

そのキーワードとは、、、、

 

■もう誰も助けてくれない!

 

上甲氏の話の中で、人が覚悟を決める瞬間で

簡単に力を発揮できることがある!

もう誰も助けてくれない!という崖っぷちに立たせられることです。

 

というのがありました。

 

 

■目から鱗が落ちたとはこのことか?

目から鱗というか、心のどっかに小さく引っかかっていた小さなササクレが取れたような

瞬間でした。

僕は、直ぐに想いました!

心の声:「あー、自分は、こういう理由でパチスロをやめれたんだな!」と

大きく納得しました。

 

 

■覚悟を決めた出来事

今回、長くなったので僕が覚悟を決めた出来事を次に書こう!

 

やっぱ人の話に耳を傾けるって重要だなーと思った1日でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Pocket
LINEで送る

スポンサードリンク

スポンサードリンク